LOOP dining comfortable moment 

神戸三ノ宮(ジビエ 野菜ソムリエ 世界のビールと
ワイン )
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ユーロバルoshima イン西明石 | main | 20個目の穴 >>

木下さんの無臭ニンニクの芽のラタトゥイユ



右が普通のにんにくの芽、左が木下さんの極太。

ラタトゥイユは炒める順番が命。



たっぷりのオリーブオイルににんにく・にんにくの芽→ナス・ズッキーニ→タマネギ→トマト→パプリカ。

野菜は最終的に余熱で火が通りますので火の通り八分目で。

あまり火を通しすぎるとぐずぐずになります。または、パプリカはさっと火を通したぐらいが色鮮やかでいいですね。

味付けは好みの塩加減とスパイス加減(オレガノ・タイムあたり)。

冷まして冷蔵庫に入れて一晩か二晩置いたものがいいですね。



明日が楽しみ。ギリシャのヨルガワインに合いそうです。

Vegetable | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://loopdining.jugem.jp/trackback/464
この記事に対するトラックバック