LOOP dining comfortable moment 

神戸三ノ宮(ジビエ 野菜ソムリエ 世界のビールと
ワイン )
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 首なが竜かぼちゃでした | main | 18年ぶりのカレーヌードル >>

島人ぬ宝

今日も朝から商店街でトマト売っていました。 すると隣のお茶屋さんの親父さんが話しかけてきました。 親父さん小学校時代に終戦を迎えたそうで、当時の話はちょこちょこ聞いていました。 今日の話はこうでした。「日本人が日本のお茶飲まんなった。神仏を敬わず、子供はお化けを信じなくなった。祭りは廃れて、地域はバラバラになっている。つまり、文化が廃れることによって教科書に片寄った教育で限界が来ている。たとえばいじめを食い止めるのは教科書ではない。」というような感じ。 で、夕方loopの買い物の帰りある居酒屋の沖縄フェアのBGMで「島人ぬ宝」が流れてきた。 僕は、いままでこの歌は沖縄の唄だと思って聞いていました。今日は、沖縄を例にした日本人へのメッセージに聞こえました。不幸な歴史と不幸な現実の一面をもつ沖縄だけど大事なものをきっちりと認識している幸せな部分も持ち合わせている一面はうらやましいし、見習わなければならないのかもしれないと思いました。
Other | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://loopdining.jugem.jp/trackback/574
この記事に対するトラックバック