LOOP dining comfortable moment 

神戸三ノ宮(ジビエ 野菜ソムリエ 世界のビールと
ワイン )
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 剣菱、判明しました。お騒がせしました。 | main | 野蒜(ノビル)で餃子 >>

6月1日(土)2日(日)田舎の山に泊まりで遊びに行きませんか?

 こんにちは。G(ごっつい)W(ind)ですが、楽しんでますか?

さて、来る6月1日(土)2日(日)に兵庫県八鹿市にて泊りがけで自然を楽しむという会の料理部門担当で行くことになりました。

石窯ピザ作ったり、燻製作ったり、夜は星空を眺めながらだらだらしたりする会です。

もちろん晩ご飯は僕が作ります。

そして翌日は、田舎で遊ばしてもらったお返しに草刈して帰るという会です。

まだまだ空きがありますのでよかったら。

細かい案内は以下に↓

★★★食べ、学び、働く、シカ三昧の1泊2日を過ごしてみませんか?!★★★

場所は、兵庫県養父市にある、家が5軒しかない、小さな小さな八鹿三谷集落です。

これまでの獣害レンジャーではシカやイノシシ肉を自分たちで料理していたましたが、今回はプロのシェフに来てもらって、本格ジビエ料理を、美しい星空の下で焚火を囲んで堪能します☆
シェフは三宮の生田神社の近くにある、ダイニング LOOPのマスター。ただ、このマスターはただのシェフではありません。猟師で、野菜ソムリエでもあります。
猟の様子の話しは必聴です。里山の命に思いをはせながらお料理を美味しくいただきしょう。

昼間は森の専門家でもある集落の住人が、里山を案内してくれます。そこでは兵庫県の山で起こっている驚く事実を目の当たりにするはず!

もちろん、笹刈りのボランティア活動もします。


日時:平成25年6月1(土)・2日(日)

場所:兵庫県八鹿市三谷集落

参加費:8900円(1日目夕食と2日目朝食・昼食、温泉代付き)
    (保険 500円は別途徴収)

 *宿泊は以下の方法をお選びください。
 ・キャンプ(集落内に、炊事棟とトイレのある広場があります)
 ・集落の集会場(雑魚寝でもOKな方。男女別部屋。要寝袋)
 ・周辺のホテル(各自手配。宿泊料は自己負担。)

定員:15名


スケジュール
6月1日(土)

11:00  三谷集落集合、オリエンテーション
12:00  自由時間(散策、キャンプ準備等)
13:00  日本のシカの現状について、獣害専門家からのレクチャー
13:20  集落住人から案内受けながら、実際に森を歩く。
15:00  青空の下での“石窯焼きピザ”作り&シェフ直伝の鹿の燻製つくり
夕方〜  温泉(天女の湯)
日が沈んで 食 星空の明りの下、焚火を囲みながら本格ジビエ堪能
          集落住人や他参加者との語らい
夜が更ける頃 (希望者のみ)夜の里山散策(ナイトハイク)。
        昼間は見れない動物達に出会えるかも?! 

6月2日(日)
7:30   朝食
9:00   働 草刈機使用講習会を受講後、集落周辺に繁茂する笹刈り
12:00   昼食
14:00    現地解散

持ち物
1日目の昼食、温泉の準備、着替え、軍手、長靴、懐中電灯、寝袋

場所 兵庫県八鹿町三谷集落
   (神戸から高速道路利用で約2時間
    電車利用の場合は八鹿駅)

※ 雨天の場合中止
 

♪シェフ、花里さんの店♪
「ダイニング LOOP」
三宮、生田神社のすぐ近く。ジビエ料理はもちろん、野菜ソムリエのシェフが自ら仕入れた加古川近郊の野菜など、こだわりの食材を使ったお料理が沢山。コースも有ります。料理に舌鼓を打ちながら、シェフから肉や野菜の素材についても詳しく聞いてみてはいかが。
詳しくはHPでhttp://www.loop-cm.jp


申込み先 「田舎を楽しむ会」 代表 中田彩子 yaa_nakata@yahoo.co.jp
☆参加希望の旨をご連絡下さい。折り返し詳しい連絡をさせていただきます。その他質問等も気軽にお寄せ下さい






Other | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://loopdining.jugem.jp/trackback/713
この記事に対するトラックバック