LOOP dining comfortable moment 

神戸三ノ宮(ジビエ 野菜ソムリエ 世界のビールと
ワイン )
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< アンカレッジの最西端で白にぎりを食らう | main | 無事フェアバンクスに戻りましたが・・・ >>

涙でバーガーの味がよくわかりましぇん

朝焼けのなかアラスカ鉄道にてフェアバンクス目指します。お世話になったユースホステルを出て、アンカレッジ駅に7:00過ぎには到着。

8:15、日の出ないうちに出発。日の出もゆっくりでした。

朝飯はマッキンリー見ながら、白にぎり。



山々の写真をアップしようかと思いましたが、そんなんはネットで調べれば出てくると思ったので自粛します。

とにかく12時間は先がながいなーと思いながらも楽しんで乗車。乗り込むときなんか人懐っこいアメリカ人っぽい小さなおっちゃんに話しかけられるが軽めに応対した。



昼御飯は遅めに13:00ごろ。とにかく残金が減ってきた。吟味しながら使わないといけない。ペンネを頼んだらまだできないらしい。しょうがないからバーガーにした。そして、そして♪アラスカビールのホワイト。バーガーは開けてあって、自分でマスタードとケチャップとマヨネーズをカスタマイズするみたい。

そういえば、昔、日曜になったら親父がハンバーガー作ってくれたよな。あれうまかったな。

ふと、目の前の親子が目に入った。年配の母親と息子かな。親孝行か。



そういえば日本をたつ一週間前母親にアラスカいくって電話をしたとき、「風のうわさでききました。また人様に迷惑かけて・・・」って言われて。「これには深いわけが・・・」

その三日後直接あったら「あんたのことは心配してないから」って何度も何度も・・・。




それを思い出したら、なんかこのお母さんと母親がだぶって見えてきて、涙が溢れてきて、次から次へと・・・。

バーガーの味がわからへんがな・・・。

アラスカ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://loopdining.jugem.jp/trackback/799
この記事に対するトラックバック